2007年09月13日

蕎麦処きしがみ

久能山東照宮の帰りに、静岡の有名店である「きしがみ」さんに行ってみました。

国道一号線バイパス下りで、道の駅の向こうに左側へ伸びる道があり
それが、ぐるっと右へ続いて宇津ノ谷地区へ続いています。
旧東海道の街並みが続いている先に、きしがみさんがあります。

070912a.jpg
外から、厨房が見えるような建物になっています。
今日の蕎麦粉は御殿場産らしいです。知っている限りいつもですが。

070912b.jpg
突き出しというか、お通しは蕎麦を揚げたもの、だったはず。
スナック菓子といった感じで、美味しくいただけます。
"塩を効かせたらもっと美味しいかも"と思いましたが、後に響きますね。

070912c.jpg
胡麻豆腐。
胡麻の風味がしっかり効いていて美味。わさび醤油でたべると
お刺身のようにさっぱりと頂くことができます、そして食感はもっちり。

070912d.jpg
穴子寿司。
これは、るび大絶賛の一品。あっさりしていて、それでいて濃厚な味。
矛盾している説明ではありますが、言いたいことは食べればきっと判る。
舌の上でとろけるような食感がまた驚異的。とろけるという表現を
店側でも使っていますが、ほろっと身がほぐれると言う方が正しいと思います。
2貫で525円と、お寿司屋さんの穴子と殆ど変わらない値段ではありますが
食べる価値はあると思います。ほんっと〜に美味しいのですよ。

070912e.jpg
070912f.jpg
お蕎麦@せいろ
十割蕎麦だけあって、風味はよい。しかし、練る時の水分量がやや多めなのか
若干麺が水っぽく感じる。この前に食べたのが濃かった所為かもしれませんが。
それと、麺が切れやすい嫌いがある。だからといって、コシが無いわけではない。
値段に見合って、十二分に美味しかったです。来年の春頃また行きたいかも。
一品料理のほうが割高に感じるかもしれません。

場所はこちら。

拡大地図を表示
posted by るび at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。