2008年02月21日

ハウス 咖[口厘]ヌーヴォー 欧風仕立てのビーフカレー

080221a.jpg
ハウスの新商品な160kcal

080221b.jpg
美味しいか、美味しくないかで言うと・・・非常に困るw
評価として、一番適当なのは・・・「頑張った」だと思います。
ちなみにうちの母に一口与えてみた(ぇ)所「美味しくない」と一言。
平均的なレトルトカレーのカロリーはおおよそ220kcal前後。
LEEは確か300kcal超えだったと思いますが、とにかくそのあたり。
で、これは新ローファット製法ということで160kcal。
だけどね、このカロリー表記ははじめに160kcalという数字ありき
と言う感じがしないでもないのですよ。だって、栄養成分表示が
2.7〜5.8gと3gのばらつく脂質。たんぱく質は約4gのばらつき。
材料・・・干し肉みたい?な肉によるばらつきかな・・・と。
で、カロリーって4・4・9だから、たんぱく質が少ない場合
6.3×4+5.8×9=25.2+55.2=77.4  脂質が少ない場合は
10.7×4+2.7×9=42.8+24.3=67.1
・・・カロリー、10kcalも差が出るんですけどね?
それでも160kcalは固定ですか、そうですか。

たぶん、肉によるばらつきとかそう言うことではないんでしょうね、
と好意的に解釈してみるけど、判りづらい表記には違いない。


あ、肝心の味に関しては、旨み成分を無理に突っ込みすぎて
「カレー味の何か」になってる感じがします。チャツネにりんご、
ウスターソースで、野菜と果実の旨みを詰め込んで、油脂がない分の
コクを赤ワインソース、バターミルクパウダーで補っていると思う。
カレーらしさを、と言うか風味を引き出すためには、油でスパイスを
炒めて・・・香りを引き出して油に抽出って感じにする筈ですが
(注:手作りする場合の一般的な作り方としては油でが基本)
油分を極力減らしたいため、その工程が変更されているっぽい。
原材料名表記が「焙煎スパイスシーズニング」になっているから。
油で風味を引き立てる代わりに、スパイスを焙煎してノンオイルな。

・・・そりゃ、美味いかって聞かれても微妙と言う答えしか出ないさー
ヘルシーさを求める人向けのカレーであり、美味しさを追求する
人のためのカレーではないと思いました。個人的には嫌いじゃないw
油が少なくて、あっさり気味なので、他の料理に使えるんじゃないかと
ソースにするとか、隠し味なんかに出来そうな感じ。
posted by るび at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85472918

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。